あると便利!練習に行くのが楽しくなる道具をご紹介

お子さまがバスケを始めたばかりや、これからバスケを始めるといった場合、まずバスケの練習に必要な道具を用意するところから始まります。

何かスポーツを始めるには、道具を揃える為に何かとお金がかかりがちです。

しかし、バスケを始めるにあたって必要最低限な道具は少なく、保護者にとっても経済的なスポーツなのです(苦笑
【関連記事:お財布にも優しい!バスケを始めるのに最低限必要な道具2点とは?

上記の関連記事にて紹介していますが、実はバスケの部活動に加入する際に最低限用意するべき道具はたったの2点だけです!

しかし、バスケの練習に励んでいくなかで、あると便利で更に上達が見込める道具もいろいろあります。

そこで、今回の記事では、僕がバスケ少年時代に使っていて便利だと感じたものや、周りの友達などが使っていた道具などを紹介していきます!

もし、お子さまがバスケに楽しさを感じており、今後もバスケを続けていく意思を感じたのであれば、是非これから紹介する道具も参考にしてみてください。

便利道具① バスケットボール

バスケットボールは部活動やクラブで用意されていることがほとんどのため、最初からバスケットボールを用意する必要はありません。

しかし、練習の休憩時などは自主的にシュート練習やドリブル練習をしている子も多く、ボールが不足しがちです。

また、自宅や公園でのドリブル練習など、自主練をするにあたってもバスケットボールは必要となってきますので、マイボールを持っておくことをオススメします。

ただ、バスケットボールにはサイズの規格が定められていますので、以下を参考に規格に沿ったサイズのボールを用意してください。

  • 小学生(ミニバス)  ⇒ 5号球
  • 中学生以上の女子 ⇒ 6号球
  • 中学生以上の男子 ⇒ 7号球

また、バスケットボールの手入れ方法については以下の記事で紹介していますので、そちらも参考にしてください。
【関連記事:練習の意識をも変える、道具の簡単手入れ術とは

リュック

練習に必要な道具や着替えなどを入れるカバンは、「リュック」がオススメです。

肩に掛けるタイプのセカンドバックを利用している子もよく見かけるのですが、カバンの重さが片方の肩にのみ負担をかけることになるので、僕個人としてはあまりオススメはしません。

その反面、リュックの場合だと、両方の肩に均等に重さが分散され、両手も自由に使うことが可能です。

また、リュックには、ボールやシューズを入れるためのスペースが考えられた種類もあるので、すごく便利です。

ノースリーブインナーシャツ

練習着やユニフォームの下からつけるインナーシャツになります。

バスケのユニフォームはノースリーブなことが多いので、インナーシャツもノースリーブを購入するようにしましょう。

バスケのユニフォームは、ホーム用とアウェイ用で2種類のユニフォームを使いわけ、自チームと相手チームを分かりやすく色分けしているのですが、1日2試合以上の試合がある場合、1試合目と同じ種類のユニフォームを使うということもあります。

バスケは室内競技かつ運動量も多いため、すごく汗をかきます。

そのため、ユニフォームの下からインナーシャツを着けておくことで、インナーシャツが大量の汗を吸い、2試合目以降も同じユニフォームは気持ちよく着用することが可能になります。


バスケを始めるために必須で用意する道具は少なく、始めやすい競技でありますが、バスケを続けていくにあたって、追加で用意したほうがよい道具や、子どもが欲しがる道具というのも増えていきます。
【関連記事:お財布にも優しい!バスケを始めるのに最低限必要な道具2点とは?

今回ご紹介した道具以外にも、お友達が使用している道具などを見て、徐々に揃えてあげましょう。

道具一つでも子どものモチベーションは大きく変わるので、是非子どもと一緒に道具選びも楽しみ、バスケを上達させましょう!

 

練習の意識をも変える、道具の簡単手入れ術とは

バスケ道具などの手入れはきちんと行っていますか?

お子さま自身が積極的に練習後などに手入れを行っているのであれば、とても素晴らしい事なので褒めてあげましょう!

また、もしお子さまが手入れを行えていないのであれば、手入れの方法を分かっていないのかもしれないので、まずは親であるあなたから手入れ方法を教えてあげる必要があります。

その際、あなたが手入れ方法について理解できていないと、子どもに教えることもできませんので、今回はバスケで最低限必要な道具であるバスケットシューズをはじめ、バスケットボールの手入れ方法を紹介していきます!
【関連記事:お財布にも優しい!バスケを始めるのに最低限必要な道具2点とは?

では、そもそも道具の手入れをする理由はなんだと思いますか?

多くの親は、

「道具を長持ちさせるため」

そう答えると思います。

もちろん、それも大正解です!
手入れすることによって、道具の劣化や汚れを予防し、長く使用するためには大事なことです。

しかし、もっと大事なこととして、

子どものモチベーション向上

が挙げられます!

 

あなたも経験があると思いますが、例として、

車をピカピカに洗車したあとのドライブは気分が良いのではないでしょうか??

それと同じで、手入れされたキレイな道具を練習で使用することで、練習に対するモチベーションが高まり、その気持ちで取り組めた練習内容が体へしっかりと記憶されるのです!

逆に手入れがされていないボロボロの道具を使用しているとどうでしょう?

練習に対して気分もあまり乗らず、練習内容の記憶はあまり残りません。

それほど、道具の手入れは、モチベーションに大きな影響を与えるのです!

バスケットボールの手入れ方法

バスケットボールには、天然皮革と人工皮革の2種類に分けられ、それぞれ手入れの方法が異なります。

  • 天然皮革の場合

    天然皮革用のボールクリーナーをよく振ってから付属のスポンジまたはやわらかい布に適量とり、ボール表面の汚れている部分をこすります。
    【天然皮革用ボールクリーナーについてはAmazon参考

    それで、汚れが浮き上がったら、別のやわらかい布で拭き取り、風通しの良い日陰で乾かします

  • 人工皮革の場合

    まず、ボール表面のドロ汚れを落とします。

    次に、人工皮革用のボールクリーナーをよく振り、約15cm離して直接ボールに薄くスプレーします。
    【人工皮革用のボールクリーナーについてはAmazon参考

    最後に、ボール表面に泡ができるので、付属の専用スポンジで軽く回すように磨き、乾いたやわらかい布でしっかり拭きとります。

バスケットシューズの手入れ方法
  1. 表面が汚れている程度なら少し湿らせた布で拭くだけで構いません。
    拭いた後は乾いた布でちゃんと拭いて乾かします。

  2. 溝にごみが詰まっていたら、針金などを使い綺麗にします。
    この時ソールを傷つけないように注意しましょう。

  3. 汚れがひどい場合は水洗いをします。
    シューズを水につけて、その後古い歯ブラシなどを使い磨きましょう。

  4. 乾いた布を使い乾かします。
    完全に乾いていない時は日陰で乾かしましょう。

  5. アッパーが濡れた場合は乾いた布で乾かします。
    その後、シューズの中に布や紙を入れ形を整えましょう。

ここまで、バスケットボールとバスケットシューズの手入れ方法について紹介しましたが、とても簡単だと思いませんか?

道具の手入れをきちんと行うことで、長く道具を使用することができ、キレイな道具を使用することで、練習へのモチベーションも高まります。

普段何気なく使用している道具を手入れすることで、今までとは違った視点で道具と向き合い、道具の大切さについて理解もできるいい機会です。

子どもに道具の手入れ方法を教えてあげるために、まずはあなたが実際に手入れをしている様子を見せてあげながら、説明してあげると良いでしょう。

子どもの前で実践することで、手入れ方法についての理解も深まり、子ども自身が次からは率先して手入れを行うようになると最高ですね。

 

お財布にも優しい!バスケを始めるのに最低限必要な道具2点とは?

今回は、お子さまがバスケを始めるに
あたって最低限必要な道具について
紹介していきますね

あなたの息子、娘さんが
「バスケを始めたい」と言ってきた
場合、

すぐにでもバスケをさせてあげたいと
思いますが、やはり道具が必要ですよね

「バスケ始めたいって言われても、
バスケのことあまり知らないよ」

「何を用意してあげればいいのか
分からない」

「道具って高いのかな〜?」

こういった疑問が湧いてくるのでは
ないでしょうか?

特にバスケ未経験の保護者にとっては
不安要素のひとつですよね

しかし、ご安心ください!

実は、バスケはあまり道具に
お金がかからない
スポーツなのです!!

それでは、バスケを始めるにあたって
最低限必要な道具を紹介していきますね

1.バスケットシューズ

バスケットボールの練習時や競技時に
履く靴のことです。

通称、バッシュと言われるものですね。

体育の授業で使用する運動靴をそのまま
代用したいと考えている人も多くいるの
ではないでしょうか?

しかし、運動靴とバッシュでは機能的
には大きく異なる点があるんです

それは、「グリップ力」です。

バスケは切返しやジャンプが多い
スポーツです。

切り返しや一瞬のスピード、
高いジャンプ力にはどうしても
グリップ力が必要となってしまいます。

バッシュはブランドや性能にもより
ますが、 6,000〜10,000円程度です
ので、是非購入してください

2.ウェア

いわゆる練習着です

ウェアについては、
Tシャツとズボン(バスパン)
だけです!

バスケのウェアは、他のスポーツ
に比べると、種類が豊富なので
選ぶのに、とても迷うと思います!

ウェアについては、デザインなど、
どうしても好みが分かれてしまいます
ので、是非ともお子さまとスポーツ
ショップのバスケコーナーで一緒に
選んであげてください

バスケに最低限必要な道具は以上です!

先ほどから「道具」と言ってますが、
身に付ける(履く)ものだけなので、
実は道具は必要なかったりします

部活動でバスケするのであれば、
バスケットボールも大抵は既に
用意されていますので不要なのです

しかし、自宅や公園などでも練習
したいと言った場合は、是非、
買ってあげてくださいね!

バスケは本当にあまりお金も
掛からないのでお財布にも優しいですね

オススメのバッシュやウェアに
ついても、このブログで紹介
していきますね

お子さまがバスケを楽しんでいる姿を
応援していきましょう!!