あると便利!練習に行くのが楽しくなる道具をご紹介

お子さまがバスケを始めたばかりや、これからバスケを始めるといった場合、まずバスケの練習に必要な道具を用意するところから始まります。

何かスポーツを始めるには、道具を揃える為に何かとお金がかかりがちです。

しかし、バスケを始めるにあたって必要最低限な道具は少なく、保護者にとっても経済的なスポーツなのです(苦笑
【関連記事:お財布にも優しい!バスケを始めるのに最低限必要な道具2点とは?

上記の関連記事にて紹介していますが、実はバスケの部活動に加入する際に最低限用意するべき道具はたったの2点だけです!

しかし、バスケの練習に励んでいくなかで、あると便利で更に上達が見込める道具もいろいろあります。

そこで、今回の記事では、僕がバスケ少年時代に使っていて便利だと感じたものや、周りの友達などが使っていた道具などを紹介していきます!

もし、お子さまがバスケに楽しさを感じており、今後もバスケを続けていく意思を感じたのであれば、是非これから紹介する道具も参考にしてみてください。

便利道具① バスケットボール

バスケットボールは部活動やクラブで用意されていることがほとんどのため、最初からバスケットボールを用意する必要はありません。

しかし、練習の休憩時などは自主的にシュート練習やドリブル練習をしている子も多く、ボールが不足しがちです。

また、自宅や公園でのドリブル練習など、自主練をするにあたってもバスケットボールは必要となってきますので、マイボールを持っておくことをオススメします。

ただ、バスケットボールにはサイズの規格が定められていますので、以下を参考に規格に沿ったサイズのボールを用意してください。

  • 小学生(ミニバス)  ⇒ 5号球
  • 中学生以上の女子 ⇒ 6号球
  • 中学生以上の男子 ⇒ 7号球

また、バスケットボールの手入れ方法については以下の記事で紹介していますので、そちらも参考にしてください。
【関連記事:練習の意識をも変える、道具の簡単手入れ術とは

リュック

練習に必要な道具や着替えなどを入れるカバンは、「リュック」がオススメです。

肩に掛けるタイプのセカンドバックを利用している子もよく見かけるのですが、カバンの重さが片方の肩にのみ負担をかけることになるので、僕個人としてはあまりオススメはしません。

その反面、リュックの場合だと、両方の肩に均等に重さが分散され、両手も自由に使うことが可能です。

また、リュックには、ボールやシューズを入れるためのスペースが考えられた種類もあるので、すごく便利です。

ノースリーブインナーシャツ

練習着やユニフォームの下からつけるインナーシャツになります。

バスケのユニフォームはノースリーブなことが多いので、インナーシャツもノースリーブを購入するようにしましょう。

バスケのユニフォームは、ホーム用とアウェイ用で2種類のユニフォームを使いわけ、自チームと相手チームを分かりやすく色分けしているのですが、1日2試合以上の試合がある場合、1試合目と同じ種類のユニフォームを使うということもあります。

バスケは室内競技かつ運動量も多いため、すごく汗をかきます。

そのため、ユニフォームの下からインナーシャツを着けておくことで、インナーシャツが大量の汗を吸い、2試合目以降も同じユニフォームは気持ちよく着用することが可能になります。


バスケを始めるために必須で用意する道具は少なく、始めやすい競技でありますが、バスケを続けていくにあたって、追加で用意したほうがよい道具や、子どもが欲しがる道具というのも増えていきます。
【関連記事:お財布にも優しい!バスケを始めるのに最低限必要な道具2点とは?

今回ご紹介した道具以外にも、お友達が使用している道具などを見て、徐々に揃えてあげましょう。

道具一つでも子どものモチベーションは大きく変わるので、是非子どもと一緒に道具選びも楽しみ、バスケを上達させましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です