子どもの可能性を伸ばす親と潰す親の特徴

バスケに励む子ども達の上達は早いもので、親が想像している以上に日々上達しているものです。

そんな子ども達の未知なる可能性を、もっと伸ばしたい・応援したいと思うのは、親として当然のことだと思います。

しかし、子ども達の可能性を伸ばす親と無意識に潰す親の2パターンに分かれるのが事実としてあります。

そこで、今回は可能性を伸ばす親と潰す親、それぞれの特徴を見ていき、更に子ども達の可能性を引き出すための方法を紹介します!

子どもの可能性を伸ばす親の特徴

子どもの可能性を大きく伸ばす親にはある以下のような特徴があります。

「子どもの話をよく聞き、笑顔を心がけ、愛情を持ってほめる」

この意識を持っているだけで十分なのです。

要するに、

子どもを褒め続け、可能性を信じて接する

このことが非常に重要な要素となります。

子どもに対して「これからもっと上手になるぞ」って思って接していると、自然と褒めることができ、改善すべき点に気付いたらアドバイスもしてあげることでしょう。

一方で、「もうこのまま上達はしないだろう」と否定的な接し方になると、あまり褒めることもせず、アドバイスもそれほどすることはないでしょう。

子ども達は褒められることで、モチベーションも高まり、もっと頑張ろう!との気持ちになります。

そこで、是非たくさん子どもを褒めて欲しいのですが、

「褒めることを通じて、頑張ったらできる」

ということを教えてあげてください。

ここで褒める際の大事なポイントとして、

頑張った過程を重視して褒めるということを意識してください。

何事もただただ褒めているだけでは、努力をしなくても褒めてもらえるんだと勘違いして、子ども達は努力することを放棄してしまいます。

また、子どもの成長に重要な要素が3点あります。

  • 「向上心」

  • 「好奇心」

  • 「探求心」

この3つの要素が子どもの成長に大きな影響力を与えています。

「向上心」「好奇心」「探求心」この3つの心の芽を摘み取ってしまわないよう気をつけ、更に芽を伸ばし、大輪の花を咲かせてあげましょう。

 

子どもの可能性を潰す親の特徴

子どもの可能性の潰す親には以下のような特徴があります。

  • 「独善」

  • 「過干渉」

  • 「否定的」

この3つの言葉を見て、思い当たる節はないでしょうか?

誰として子どもの可能性を潰したいと思う親はいないと思います。

子どもの成長の為にと愛情を注ぐことに意識が向き、無意識的に「独善」「過干渉」「否定的」な行動をとってしまう親が多いのです。

子どもの気持ちを尊重せず、何かを強制させてしまったり、否定ばかりしてしまうと、子どもは次第に自分に自信を無くしてしまいます。

また、子どもが新しいことにチャレンジしようと励んでいる時に、少し出来なかっただけで、そのチャレンジを辞めさせるような事は決して行わないでください。

「出来なかったことが出来た!!」

この達成感を奪うことになります。
子ども達は出来るようになった!という成功体験を積んで成長していくものです。

あまり子どもに干渉せず、優しく見守ってあげましょう。


ここまで、子どもの可能性を伸ばす親と潰す親の特徴を見てきましたが、子ども達はバスケを通して成長していく中で、なかなか結果が出ないスランプ期にも入ります。

スランプに陥ると、

「辞めたい…」

と思うようになるでしょう。

最近、練習行く前の元気がない等、悩んでいるような雰囲気を感じたら、親として以下のスタンスで接してあげてください。

自分で決めたことは最後までやり続けさせる

このスタンスで接することで、嫌なことから逃げずに解決する、真稔に取り組むという基本姿勢・思考が自然と身に付きます。

親の役目は、

子どもが自身の「道」を歩み、そこから外れないように支援すること。

親が「道」そのものを決めてしまうのは間違いです。

子どもの可能性を伸ばす

これは正解のない難しいテーマではありますが、お子さまの未知なる可能性を信じてサポートに徹してあげましょう!

【関連記事:試合で「勝ちたい!」と思えるようになるために、保護者ができるサポート

【関連記事:子どものメンタルを鍛えるあなたはメンタルトレーナー!メンタルを鍛えるための実践3ポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です