試合時の弁当メニューで押さえておきたい3ポイント

子どもの大事な試合の日の朝、

いつもより早起きしてお弁当や朝ごはんを作っている親は多いでしょう。

 

朝ごはんやお弁当は、試合でのパフォーマンスを発揮する上でも、とても重要となります。

また、試合の時間が朝の早い時間であれば、朝ごはんを食べさせる時間も意識してください。
【関連記事:その日のパフォーマンスを左右する、練習前の適切な食事時間とは

練習試合など、午前中で終わるような場合はお弁当を持たせる必要はあまりないと思いますが、

大会といった試合は、試合で勝ち進んだ場合や、リーグ戦、もしくは試合の運営補助などで、1日中体育館にいることでしょう。

そこで、試合に勝ち進んだ場合や、リーグ戦で午後にも試合がある場合、お弁当のメニューが午後のパフォーマンスにとても大きな影響を与えます。

そうなると、親としてお弁当のメニューにも気を遣って頂きたいところです。

 

僕がバスケ少年だった時の話をさせて頂くと、僕のチームでは、試合の前日に某弁当屋チェーンのお弁当をチーム内で注文し、試合当日のお昼に、からあげ弁当やハンバーグ弁当をみんなで楽しく食べていました。

からあげやハンバーグは満腹になる分、しばらくお腹に残っており、試合時に走ったらお腹が痛くなったりと悪影響を及ぼしていました。

今、思い出すと信じられません…

このように、試合の前に脂質の多い食べ物をがっつり食べてしまうと、試合でのパフォーマンスを発揮できなくなるのです。

そこで、お子さまの持てる力を試合で存分に発揮させるためには、あなたがお弁当のメニューなどに意識する必要があります。

試合時に持たせるお弁当はざっくり言うと以下のことを意識してください。

糖質を中心にして、エネルギーをしっかり補給できるメニュー

このポイントを意識してお弁当のメニューを考案しましょう!

このとき、ご飯麺類などの主食を中心にし、時間があまり取れない場合などはおかずはあまり多くなくても構いません。

次に、おかずで注意するポイントとして、

定番である唐揚げなどの脂っこい食べ物は消化吸収もあまり良くないので避けた方が無難です。

また、試合でお腹を壊さないためにも、生ものは控え、しっかり火を通した食品をおかずとして使うようにしましょう。

 

1日に2試合ある日などは、試合と試合の合間に簡単にエネルギーが補給できるよう、バナナ100%ジュースを持たせてあげるのも非常に効果的です!


ここまでのポイントを整理しますと、

① 炭水化物を中心としたメニュー

② おかず(肉・魚など)は、消化吸収が良く、しっかり焼いたものを使う

③ ビタミンCの補給に野菜や果物の摂取も忘れずに


と、なります!!

バランスの取れたエネルギーをしっかりと補給させてあげることで、長丁場の試合でもパフォーマンスがしっかりと発揮されます!

お子さまが試合で活躍している姿を想像しながら、お弁当作りも頑張りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です