脱ひょろひょろ体型!ゴール下でも負けない強靭な身体へと成長させる方法

バスケは体格のいい選手がとても有利です!

あなたのお子さまの体格はどうでしょうか?

もし細見の体系をしているのであれば、この記事を読んで食事を意識することで、がたいのいい体系を手に入れることが可能になります!

 

では、どうして体格のいい選手がバスケでは有利と言われるのでしょうか。

その理由は明確で、バスケは相手選手との接触が多いスポーツとなるからです。

また、体格というと体のがたさをイメージしがちですが、身長の高さもとても重要で、ゴール下でのシュートやリバウンドは身長が高い方が明らかに有利になります。

しかし、身長というのはある遺伝的要素も強く、身長を伸ばしたいと努力してもなかなか伸びないこともあるでしょう。

ゴール下や付近のエリアは、仲間や相手選手が一番密集するエリアで、その密集した中で激しいリバウンド争いが繰り広げられるため、身長だけじゃなく、当たっても吹き飛ばされない強靭な身体が重要になってきます。

では、何を意識しれば、子どもの身体を成長させ、体格をよくさせることができるのかといいますと、

 

よく食べて、

良く寝て、

よく運動する。

 

基本的な3原則ですね。

当たり前すぎて、期待した方はすいません。

この3原則を厳守していれば、基本的に成長期の子どもはめきめきと成長します。

しかし、身長はどうしても遺伝要素があるため、身長が思っていたより伸びないということもあります。

しかし、ご安心ください!!

そのような場合は、体重を増加させることで、身長をカバーできるほどの強靭な身体へと仕上げることも可能なのです!

体重を増加させる上で重要なこと、

食べる!食べる!とにかく食べる!!

こちらも当然すぎますね。

 

「1日3食きちんと与えているけど、体重が増加しません」

しかし、こういった悩みを抱えたことはないでしょうか?

それは当然のことなのです。

バスケは運動量が多く、激しいスポーツなため、消費カロリーも非常に大きく、1日3食だけでは、体重を増加させるのには少ないんです。

そういったことを踏まえた上で、子どもの体重を増加させたいのであれば以下の方法を試してください!

1日5食の食事を与えましょう!

3食はいままで通り、バランスの取れた食事を朝昼晩に与えてあげてください。

しかし、3食だけでは育ち盛りのお子さまに必要な栄養というのは補えていません。

また、練習後などは代謝もよくなっているため、消化されるスピードも早く、すぐにお腹が空いてしまいます。

そこで、通常の3食の間に“間食”として、プラスで2食を追加してあげましょう。

この間食は、食事を補う意味で“補食”とも言います。

では、間食の必要性を理解したところで、どのタイミングで間食を与えるべきなのか気になることだと思います。

ここで、オススメの間食タイミングが以下です。

① 朝練前

② 練習前

③ 練習後

となります。

①朝練前②練習前に間食を与えるのあれば、消化吸収の良く、すぐにエネルギー源となる炭水化物(脂質)中心の食べ物がオススメです!

例としては、
おにぎりやあんぱん、カステラ、バナナなどです。

③練習後の場合は、練習後 30 分以内を目安に、炭水化物(糖質)中心の食品と、たんぱく質を含む食品を組み合わせるのがオススメです!
プロテインやゼリードリンクなどのサプリメントの活用も効果的です。

例として、
炭水化物である「おにぎりやあんぱん、カステラ、バナナなど」にプラスして、
たんぱく質を含む「牛乳やヨーグルトなど」を組み合わせましょう。


まずは、今すぐ実践できることとして、

先ほど紹介した間食の与え方をうまく利用し、育ち盛りである子どもに「1日5食」を食べさせてあげましょう。

この間食の方法を上手く活用できた子と出来てない子では、数か月後には体格にも差が表れてくることでしょう。

是非、子どもの体格を良くするためにも、食事作りやバランスを意識してサポートしてみてください!

【関連記事①:その日のパフォーマンスを左右する、練習前の適切な食事時間とは

【関連記事②:練習後に効果を発揮する適切な食事時間とお手軽メニューのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です