みんな知っている“アレ”がケガ予防には効果的だった!お子さまの柔軟性を高めるために必要なこととは

お子さまは、きちんと
ストレッチをしていますか??

もし、子どもがめんどくさがって
ストレッチを疎かにさせていると
ケガなどをし、楽しいバスケを
させてあげられなくなってしまう
かもしれません。

以前、バスケでよく起こるケガに
ついて紹介もしましたが、

(関連記事:バスケでよく起こるケガとは?

バスケは激しい動きが多い分
ケガがとても多いスポーツ
なのです。

万が一、お子さまが
ケガをしてしまったら
とても心配になりますよね。

そうならないためにも、
ストレッチで柔軟性を高めさせ、
事前にケガを防ぐ努力を
行わせましょう。

では、ストレッチとはなんなのか
と言いますと、

“筋肉を伸ばし、関節可動域を広く使う”

ための運動なのです。

関節可動域が広がると、

・筋力を発揮できる距離が長くなるので筋力アップ

・狭い人が筋力を使えない場所の筋力を使えるので色々な体勢で動きに差を付けられる

・怪我しにくい

といった効果があります。

そして、柔軟性を高めるのに
最も効果が高いと言われているのが、
みなさんお馴染みの

『ラジオ体操』

なのです!

ラジオ体操をすることによって、
柔軟性向上とプレーの力みが
取れるんです!

更にバスケに必要なものとして、

肩甲骨(肩)の柔軟性

股関節(股)の柔軟性

あるのですが、これらは
ラジオ体操にあまりない動きなので、

ラジオ体操+以下で紹介するストレッチ
をさせ、ケガの予防に努めさせましょう!!


【① もも裏ストレッチ】

[手順]

1. ストレッチマットなどに寝っ転がる

2. 片足の視座を胸につける

3. 20秒間キープする

4. 元に戻し、逆足も同様に取り組む

5. 残り1回ずつ行う

6. 終了

[コツ]

• 呼吸を安定させた状態で取り組む

• 反対の抱えていない足は真っ直ぐのばす

• 痛みが出るまで行わない


【② プレーンフロッグ】

[手順]

1. ストレッチマットなどに膝を90度に曲げて四つん這いになる

2. 90度はかえないまま股を開いていく

3. 骨盤を床に押し付けるようにする

4. 30秒キープ

5. 終了

[コツ]

• 呼吸を安定させた状態で取り組む

• 痛みが出るまで行わない

• 腰が反らないようにする


【③ 大臀筋ストレッチ】

[手順]

1. 片膝を90度に曲げて横に倒す

2. 倒した膝と骨盤がまっすぐになるようにする

3. 後ろ足はできるだけまっすぐにする

4. 骨盤をまっすぐ向けたまま、上体を前に倒す

5. 30秒キープする

6. ゆっくりと元に戻り、逆足も同様に行う

7. 終了

[コツ]

• 呼吸を安定させた状態で取り組む

• 痛みが出るまで行わない

• 膝の角度(90度)には気を付ける

いかがだったでしょうか?

まずは、今すぐ
あなたが、本記事で紹介した
股関節のストレッチを実践して
みましょう!!

あなたが実践することで、
お子さまにもストレッチの手順を
教えてあげることができますよね^ ^

ケガの予防、運動への効果、体の
柔軟性を高くすることはもちろん、
リラクゼーション効果も得られる
ストレッチは心身共にいい影響を
与えてくれます。

お子さまと共に、ぜひ取り入れて
みてくださいね^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です