子どもの可能性を伸ばす重要要素と可能性を潰す親の特徴

いきなり厳しいことを
言うようですが、

子どもの可能性を
“伸ばす親”
“潰す親”
実際存在します。

子どもの成長は早いもので、
気がついたら、もう身長を
越されそうな保護者や、
既に越されてしまった保護者も
多いのではないでしょうか。

体が大きく成長するのと同時に、
子どもの可能性も大きく
伸びています!

そこで、保護者であるあなたの
お子さまへの向き合い方次第で、

お子さまの可能性を
伸ばすのか、潰すのかが
はっきりしてしまいます。

では、子どもの可能性を大きく
伸ばす親の特徴はなにかというと、

「子どもの話をよく聞き、笑顔を心がけ、愛情を持ってほめる」

ことなのです。

“子どもを褒め続け、可能性を信じて接する”

というのは、とても重要なこと
なのです。

「この子は伸びる」と確信を持って
接するのと、「どうせ伸びない」と
思って接するのでは、技術力の向上にも
明確な差がでます。

また、頑張ったら褒めるのではなく、
「褒めることを通じて、頑張ったらできる」
ということを教えてあげるのが、
実は子どもには大切なのです。

何事にも褒めてあげていると、
子どもは努力をしなくても、
褒めてもらえると勘違いしてしまい、
努力を放棄してしまいます。

そのため、頑張った過程を
重視してあげるのが良いですよ^ ^

また、保護者が子どもの成長に
大切と思う意識の重要要素は、
3点あり、

「向上心」

「好奇心」

「探究心」

この3つの要素が子どもの成長に
大きな役割を果たしていると
言われています。

「向上心」「好奇心」「探究心」の
芽を摘み取ってしまわないよう、
気をつけましょう。

では、次に
【子どもの可能性を潰す親】の
特徴として3つあり、

「独善」

「過干渉」

「否定的」

子どもの気持ちを無視し、何かを
強制したり、否定してしまうと、
子どもは次第に自信をなくして
いってしまいます。

また、子どもが何かをしようと
試みている時に、ちょっとできなかった
だけで、すぐに辞めさせる保護者は、

「できなかったことができた」達成感を
子どもから取り上げているような
ものです。

あなたのお子さまもいずれは、
バスケでうまく結果がでなくて、
「辞めたい」と思う時が
あることでしょう。

そんなときは、
自分で決めたことは最後までやり続けさせる
というスタンスで接してあげましょう。

このスタンスを大切にしてあげる
ことで、いかなる局面にも逃げ
出さずに解決をする、真摯に
取り組むという基本姿勢・思考が
身につきます!

あなたの役目は、
子どもが彼ら自身の「道」を歩み、
そこから外れないように支援する
ことであり、

親が「道」そのものを
決めてしまうのは間違いです。

子どもの可能性をいかに
伸ばすことができるか
難しいテーマではありますが、

お子さまの可能性を信じて
サポートしていきましょう!!

関連記事:
試合で勝つには一言伝えるだけ!保護者の期待がお子さまにもたらす影響とは

今日からはあなたはメンタルトレーナー!実践すべき3つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です