試合で活躍する子どもの弁当メニューとは?

試合当日の朝、

あなたはお子さまが試合で
楽しくプレーしている姿を
想像しながら、朝ご飯や
お弁当を作っていることでしょう。

試合開始時刻が午前の早い時間で
あれば、朝ご飯を食べさせる時間も
注意が必要となります。
関連記事:練習開始◯時間前がオススメ!高パフォーマンスを発揮させる食事の時間とは

練習試合など、午前中で確実に
終わると分かっているのであれば、
お弁当は不要かもしれませんが、

午後の試合となれば、
午前中に集合して、軽い練習や
他の試合の運営などをしたあとに、

弁当を食べて、午後の試合に備える
といったことが多いのではない
でしょうか。

そうなると、保護者として
弁当のメニューも気を遣いたいとこです。

私も実際、バスケ少年時代を過ごして
いたのですが、

試合の前日に、某弁当屋チェーンの
お弁当をチーム内で取りまとめて
注文し、試合前から、
からあげ弁当やハンバーグ弁当を
みんな美味しく食べていました。

しかし案の定、試合時には
お腹がとても重く、思いっきり
走るのがきつかったです。。。

今考えると信じられないことを
していますよね。

このように、試合前から
脂質の多い食べ物をがっつり
食べてしまうと、試合の
パフォーマンスに悪影響を
もたらすのです。

お子さまの力を
試合で発揮させたいのであれば、

あなたが弁当のメニューに
気を遣ってあげてくださいね^ ^

では、試合時に持たせる弁当は
どういったものがいいかと言いますと、

糖質を中心にしてエネルギーを

しっかり補給できるメニュー

で作ってあげましょう。

ご飯や麺類などの主食を中心にし、
おかずはあまり多くなくて十分です。

お弁当のおかずといえば、唐揚げなど
油っこいものが定番ですが、試合前は
消化が悪いので避けましょう。

また、大事な試合でお腹を壊さない
ためにも、生ものは控え、しっかり
焼いたものを入れるようにしましょう。

1日2試合など、
試合と試合の間に簡単にエネルギーが
補給できるバナナや100%ジュースを
持たせてあげるのもオススメですよ!

ここまでのポイントを整理しますと、

① 炭水化物をしっかりと

② おかず(肉、魚など)は、消化によいシンプルに焼いたものを

③ ビタミンCの補給に野菜と果物も忘れずに

となります!!

きちんとエネルギー補給させることで、
長丁場の試合でも日頃の努力の成果は
発揮されますよ!

お子さまが試合で楽しんでる姿を
想いながら、お弁当作りも
頑張ってくださいね^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です