今日からはあなたはメンタルトレーナー!実践すべき3つのポイント

あなたのお子さまは、
バスケを楽しんでいますか?

お子さまを見ていて、
こんなことは感じないでしょうか。

「子どもにやる気を感じない」

「自信がなさそうにプレーしている」

「すぐ落ち込んでしまう」

「集中力がすぐに切れてしまう」

「試合となると、緊張してしまいいつも通りのプレーが発揮できていない」

などなど、お子さまに対して
このような悩みを抱えては、
いませんか?

スポーツには、

『心・技・体』

という言葉があるように、
こういった悩みはまさに、
「心」の部分なのです。

そんなお子さまの
「心」を鍛えてあげる役割

メンタトレーニング

なのです。

「心」が鍛えられたお子さまは、
技術もさらに向上していくでしょう!

では、どうやって子どもの
メンタルを鍛えていくのか??

それは、“保護者”である
あなたが重要になってきます!

前回、記事にもしていますが、
関連記事: 試合で勝つには一言伝えるだけ!保護者の期待がお子さまにもたらす影響とは

あなたのお子さまに対する
大きな「期待」が
実はお子さまのプレッシャーと
なっていることが多いのです。

そこで、これから紹介する方法を
あなた自身が実践していくことで、

お子さまのメンタルを
鍛えていくことができるようになります!

つまり、今日からあなたは
お子さまのメンタルトレーナー

という意識を持ってくださいね^^

実践① モチベーションを高める!

モチベーション
と言えば、「やる気」のことですね。

あなたもそうだと思いますが、
やる気がなければ、集中力も続かず、
上達なんてしないですよね。

では、モチベーションを高めるには、
どうすればよいのか??

まずは、2種類の動機づけを理解
しておきましょう。

1つ目は、
「内発的動機づけ」
と言われるものです。

好奇心などのワクワクする
動機のことです。

2つ目は、
「外発的動機づけ」
と言われるものです。

外からもたらされる報酬に
よって起こる動機づけの
ことです。

例としては、
「頑張れば、好きなものを買ってもらえる」
「怒られたくないからやる」
といったものです。

では、どちらの動機づけの
方が強いと思いますか?

考える間もなく、
内発的動機づけの方が
強いですよね。

人間には、自ら考えて好きな
ように行動したいという欲求が
備えられています。

そんな欲求が保護者などによって
阻害されたり、すり替えられたり
したら、当然やる気は沸いてきません。

そこで、お子さまのやる気を
引き出すために大切なことは、
ワクワクする気持ちを大切に
するということです。

スポーツに限らず、いろいろな
場面で、

「初心」「原点」

という言葉を聞くと思いますが、
その思いを忘れず大切にしていれば、
辛い練習や苦しい思いにも負けず、
成長していける原動力となります。

そこで、あなたのお子さまが、
バスケでやる気をなくしているように
感じたら、もう一度このようなことから
一緒に考え直してあげるといいですね。

特に一番は、
純粋な気持ちを応援してください!


実践② 自信を持つ!

バスケは好きで始めたはずなのに、
なんか消極的で、気迫を感じられない
と思うことはありませんか?

ほんとに好きでやってるんだろうか?

こういった悩みを感じたら、
2つ目の実践ポイントです!

それは、

「自信を持たせること」

です。

自信がないと、試合でも
100%の力を発揮できる訳が
ないですよね。

逆に、自信さえ持っていれば、
技術が多少劣っていたとしても
いつも以上に力は発揮できるのです!

では、どうして子どもは
自信を持つことができないの
でしょうか??

それは、

「失敗に対して他人から責められる」

といったことがあげられます。

あなたは子どもを責めてないに
しても、チーム内で監督やコーチ、
チームメイトから責められている
ことでしょう。

そういったことが原因で、
「僕(私)はダメなやつだ」
と自信を失ってしまうのです。

この状態までいってしまうと、
バスケの上達は見込めません。

そのため、バスケで自信を
持たせるためにも、保護者で
あるあなたぐらいは、子ども
のことを、
褒めてあげてください

失敗は落ち込ませず、
成功をとことん褒めてあげる
ことで、

あなたのお子さまは自信を
持つことができるよになります!

また、ただ単に
「すごかったね」や「上手だったね」
と褒めるのではなく、
具体的に褒めてあげてください!

しかし、具体的といっても
バスケの戦術的なことをあまり
分かってなければ難しいですよね。

そこでオススメな方法は、

お子さまの良かった点を
3つだけ見つけてください!

「誰よりも大きな声がでてたね」
「〇〇君へのパスでシュート決まったね」
「〇点も決めるなんてすごいよ」

など、見て気づいたことを
褒めてあげるだけで、お子さまの
自信につながります!

また、結果だけ褒めるのではなく、
その結果を出すまでの努力も
褒めてあげてください。

「あの得点を決めたのは、毎日
シュート練習を頑張っていたから
だね」

など、頑張りや努力も褒めてあげる
よう意識してください!

実践③ ポジティブな思考を!

3つ目の重要なポイントは、
ポジティブ思考です!

スポーツメンタルで
ポジティブ思考はとても
重要なことです。

「ミスをしたらどうしよう」
といったネガティブな思考は、
不安からきています。

不安からお子さまは悩み、
プレーに集中できなくなって
しまいます。

プレーに集中できないと、
またミスをし、さらに落ち込んで、
ますますネガティブ思考へと、
とても悪循環なのです。

逆にポジティブ思考になれば、
常に前向きなので、やる気も
みなぎり、積極的な行動が
できるようになります!

これは、試合で100%の力を発揮
できることへの理想的な状態
なのです!!

では、お子さまのネガティブな
思考を取り払うにはどうしたら
よいのか??

それは、お子さまへの

ポジティブな声掛けです!

そんなポジティブ思考を子どもに
与えるためには、まずはあなたが
ポジティブ思考になることが重要
です!

その中で一番気をつけほしいことは、

・子どもの前で不満を言わない
・人や環境のせいにしない

ことです

あなたが、子どもの前で監督や
他の子に対して不満を言っていると、

お子さままで監督やチームに対して
不満を抱き始めてしまいます。

お子さまが不満や文句を言うように
なってしまうと、
“すべて人や環境のせい”
といった考えになってしまうのです。

その考えになってしまうと、
今後、成長はありません。

お子さまが、そういった考えを
持たないようにするためにも、
まずはあなたが不平不満を口に
しないことを心がけてください!

そして、人や環境のせいではなく、
自分自身に目を向けて考えられるような
質問を投げかけてください。

どうしたら上手くいくか
といった目線で考えるクセを
つけさせることが重要なのです!

自分自身が基準になれば、
自分をどう改善していけばよいか
ポジティブに考えることができるように
なりますよ!

以上が、お子さまのメンタルを
鍛えるうえで、保護者として
実践してほしいポイント3つでした。

ここまで紹介してきたことを、
今すぐ、あなたが実践することで、
お子さまのメンタルトレーニングに
磨きがかかることでしょう!!


メンタルが鍛えらると、プレーにも
必ず良い影響をもたらしますので、
次の試合が楽しみですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です