練習を休みがち。そんなときはこれを実践!

「お腹痛いから、部活休みたい」

練習がある日の朝、
子どもから、休みたいと
言われた事ありませんか?

もしあなたのお子さまが
中学生くらいの年代であれば、
身体も大きく成長する時期で、
時には体調が悪くなることも
あるでしょう。

体調不良で休むことが、
たまにであれば、あまり
心配する必要はなさそうですが、

これが頻繁に言われると、
親として心配になりますよね。

「部活に行きたくないのかな?」

「なにか嫌なことでもあったのかな?」

こういった事が頭を
よぎるのではないでしょうか?

そこで今回は、

お子さまの体調変化から
現れるサインと対策に
ついて紹介していきます。

僕は、小学校と中学校で
バスケ部として練習に
励んでいたのですが、

実際、僕自身も
部活をずる休みすることが
よくありました。

体調は悪くなかったのですが、
時々、「練習行きたくない、、」
って気持ちになるんです。

好きでバスケを始めたはず
なのに、どうして嫌な気持ちに
なるのか??

僕が当時感じていたこととして、

「練習きついなー」

「監督にも怒られたくないなー」

「チームメイトから、ミスに対する文句言われるのが怖い」

こういった心情から、
練習に行きたくないと感じる
ことが多かったです。

また、こういったことを考えると
“ストレス”
になるのです。

つまり、僕は
練習に対するストレスを抱えて
いたために、休みたいと思う
ようになったんです。

お子さまが練習を休みがちで
あれば、きっとストレスを抱え
込んでいることだと思います。

ストレスをよく抱え込む子には
ある特徴があり、

「気遣いをしすぎる子ども」

「頑張りすぎる子ども」

多いのです。

ここからは、あなたの
お子さまに当てはまることが
ないか考えながら、読んで
ください^ ^


気遣いをしすぎる子

周りを気遣い、適切な行動に
努めようとしている、とても
素晴らしい子なのですが、
気を遣いすぎるがゆえに、
自分のことを押さえてしまい、
ストレスを感じてしまうことが
多いです。

そのため、
他人からの注意を、必要以上に
気にしてしまったり、
友達関係が不安定になると、
すごく心配になってしまいます。

また、

頑張りすぎる

は、頑張りすぎるが上に、
完璧主義で負けず嫌いとなり、
いつでも手を抜けなくなることで、
心身ともに疲れやすく、一層
ストレスを感じてしまいます。

親や先生に認められようと
必死になってしまうのも特徴です。

性格以外にも、

保護者からの過度なプレッシャー

期待が重く感じること

ストレスを感じる原因となります。
関連記事:試合で勝つには一言伝えるだけ!保護者の期待がお子さまにもたらす影響とは

子どもがどういったことで
ストレスを感じやすいのか
知ったところで、

今すぐ、あなたはお子さまに
どんなことをしてあげるべき
なのか?

それは、

・子どもの話をしっかり聞く

・子どもの気持ちを考える

ことです!

練習を休みがちの子に
「どうしよう」と焦るのでは
なく、まずはしっかりと
お子さまに向き合ってください!

子どもの話をしっかり聞く

まずは、お子さまの話をしっかり
聞いてあげてください。
その際、話したことに対して否定は
しないでください。

否定されると、子どもは
次から話したくなくなって
しまいます。
あなたが、お子さまの話を
純粋に受け止めてあげることで、
ストレスを言葉にし、思いっきり
吐き出してくれます。

そうすると、お子さまも心が楽に
なりますね。
また、ストレスの背景も知ることが
できるようになりますよ。

子どもの気持ちを考える

お子さまの話を聞いて、ストレスの
原因を知ったら、それによりお子さまが
どんな気持ちになっているのか考えて
あげましょう。

その上で具体的な解決策を探し、
取り除けそうな原因は取り除き、
明るい気持ちになれるような方法を
探してあげてくださいね^ ^

特に中学生ともなると、
保護者に自分から悩みを打ち明ける
ようなことはなかなかないことでしょう。

そこで、お子さまの体調の変化から
心情を読み取り、保護者である
あなたから気にかけてあげましょう!

お子さまのストレスが取り除かれ
たならば、なた練習に行くのが
楽しくなり、更に上達して
いくことでしょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です