試合で勝つには一言伝えるだけ!保護者の期待がお子さまにもたらす影響とは

バスケに限らず、
スポーツで技術面が飛びぬけて
上手な子が、試合となった途端に、
ミスを頻発したりと、いつもの
力を発揮できていない子を

あなたのお子さまの友達や、
あなた自身のスポーツ経験を
通して見たことはありませんか?

技術力はあるのにどうして??

それは、メンタルが安定していない
ことからのミスなのです。

そう!つまりは、

あなたのお子さまが試合で
のびのびとプレーできるかどうかは

“保護者”

である、あなたに
委ねられているのです!!

あなたが、お子さまの
メンタルをいかにコントロール
できるかどうかで、

お子さまは
良くも悪くもなってしまいますよ。

試合とは、
お子さまにとって特別なもの。

やはり試合で活躍したいですよね。

と同時に、
あなたにとっても、
お子さまが活躍する姿を
見たいことだと思います!

そこで、ついつい
試合前や試合中の一声が
お子さまにとって

“プレッシャー”

となるのです。

お子さまのプレーに期待するあまり
試合前に、

「今日の試合、勝ってきてね」

「シュートは決めるんだよ」

という言葉や、
試合中につい怒鳴り散らす
ことはありませんか?

そこまで保護者に期待されると、

“負けたらどうしよう”

“シュート外すの怖いから、
とりあえずパスしよう”

と、ネガティブな感情が
全面に出てしまい、試合で
ミスが多くなってしまうのです。

では、お子さまを試合で
リラックスした状態で
望まさせるにはどうしたら
よいのか?

それは簡単です!

「勝たないといけない」

という考え方を捨てさせれば
いいのです。

保護者から必要以上に
期待をされるとプレッシャーを
感じ、やることすべてが怖く
なってしまいます。

かといって、

“試合で負けてもいい”

と言ってる訳ではありません。

大事なことは、
お子さま自身が

「勝ちたい」

と思うことなのです!

「勝ちなさい」と言うのは、
義務感です。

「コーチに怒られる」

「応援してくれた親を
がっかりさせてしまう」

全ては、誰かのためにという
義務感から生まれています。

では、どうしたら
お子さまに「勝ちたい」と
思わせることができるのか?

あなたが今すぐできることは、

お子さまへの過度な期待を辞め、
練習後に「お疲れ様」などの声を
かけてあげる
だけで十分です!

一生懸命練習に励んでいると
自然と「勝ちたい」という
気になってきます。

シュート練習を繰り返して、
シュート率があがったら、
試合で実践してみたくなる
ものです。

そこで試合に勝てれば、当然
嬉しいですし、
負けたとしても、自分に何が
足りなかったのか考えて、
また練習に励むことができます。

保護者がむやみに干渉せず、

「自分で考えて行動」

させることがとても重要です!

あなたのために、
お子さまは試合で戦ってる訳では
ないので、
優しく見守ってあげてください^ ^

試合で勝つには一言伝えるだけ!保護者の期待がお子さまにもたらす影響とは」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 今日からはあなたはメンタルトレーナー!実践すべき3つのポイント – バスケに励むお子さまを全力サポート! 保護者が出来るサポートを伝授していくブログ

  2. ピンバック: 練習を休みがち。そんなときはこれを実践! – バスケに励むお子さまを全力サポート! 保護者が出来るサポートを伝授していくブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です